ティダナダ共同売店

夫婦二人で島酒・島唄・島の方との出会いを求めて 南の島を旅します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り道して見つけたもの2

屋我地島からさらに車を進めると
目の前にきれいな海と大きな橋が視界に入りました。
20070320224608.jpg

古宇利大橋です。
沖縄最長、通行料のかからない橋としては日本最長だそうです。


20070320225502.jpg


橋の上から見た海はまさにエメラルドグリーンそのものでした。

20070320225520.jpg


古宇利島は周囲8kmほどの小さな島です。
橋を渡るとまだ新しいと思われる海水浴場がありました。
少し違和感があるかもしれません。

島には砂糖きび・スイカ・イモ・カボチャなどが
畑で栽培されています。
あとウニ・もずくがよく採れるみたいです。

戦後間もない頃今帰仁村の陸上競技会に参加する中学生そして
応援の方たちを乗せた伝馬船が転覆しました。
10人の方が犠牲になられたそうです。
それ以来架橋の要望がつのるようになりました。
また古宇利島の高校生は今帰仁村の運天港までフェリーに乗って通学していました。
月の通学費用は6万円にも及んでいたと言われています。

橋が架かったことにより通学も便利になり悲しい転覆事故も起こることはなくなったでしょう。
その代償として古宇利島は何を失ったのでしょうか?

屋我地島・古宇利島に限らず過去の悲しい出来事があったことを
想像させない美しい光景がそこにはありました。

今日のBS放送で榎木孝明氏が座喜味城址・首里城を訪れて
”悲しみから立ち直る力強さがこの美しさの源なのでは”
みたいなことを言っておられました。

沖縄・八重山の美しい景色そして暮らす方々には奥深さがあります。
そこに暮らす人たちには代々悲しみ苦しみを乗り越えられたがための
私たちには持ち得ない明るさ・人生観をお持ちなのではないでしょうか。

この海は過去の戦争も含め過去の様々な出来事の目撃し
そして今私たちに美しい光景を見せてくれているのかもしれません。

(photo by tida & written by nada)
スポンサーサイト

Comment

 

>10人の方が犠牲
そういう事故があったんですね。お悔やみ申し上げます。
旅人からみると、橋がかからないで、いつまでも自然の古宇利であって欲しいのですけど、島民から見れば橋は待望の橋であったと思います。自然とか環境を考える上で、複雑な問題だと思います。
  • posted by nayam 
  • URL 
  • 2007.03/21 00:37分 
  • [Edit]

 

nayamさん
便利になる反面地元の商店が経営が成り立たなくなったり
外部から入って来た人によって
ゴミが放置されたり畑が荒らされたり・・・。
複雑な問題ですよね。
  • posted by tidanada 
  • URL 
  • 2007.03/21 15:08分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

FC2カウンター

コメント三拝云!(エントリー別)

データ取得中...

右サイドメニュー

店主の紹介

tidanada4082

Author:tidanada4082
沖縄好きのビーチャー
(酔っ払い)
夫婦、奥さんの”ティダ”と
わたくし”ナダ”2人で
旅行の思い出・泡盛など
沖縄・宮古・やいまネタの
自己満足ブログです。
共同売店ですが
物品の販売は
一切いたしておりません。
ご了承ください。

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近書きました

石垣島経済新聞

Amazon検索

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。