ティダナダ共同売店

夫婦二人で島酒・島唄・島の方との出会いを求めて 南の島を旅します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クメジマボタル観察会

kumejima01.jpg

クメジマボタルは1994年に名前のついた
久米島にしかいないホタル。
1994年以前はゲンジボタルと思われていたらしい。
飛翔時期は4月中旬から5月上旬。
ちょうど久米島では
ホタルの会の観察会が行われていた。

ゲンジボタルの光り方
東日本 : 4秒に1回の間隔でゆっくり明滅する。(のんびり型)
西日本 : 2秒に1回の間隔で早く明滅する。(せっかち型)
長野・新潟県境 : 3秒に1回の間隔で明滅する。(中間型)
クメジマボタルの光り方 : 2.5秒から4秒の間隔で明滅し、ばらつきがある。


上の資料並びに
写真はホタルの会のHPから
お借りしました。
kumejima04.jpg




手づかみで捕まえられるほど
ホタルは飛び交っていました。

クロイワボタルも。
kuroiwabotaru250.jpg

クロイワボタルは
沖縄童謡「じんじん」のモデルになっていて
雄は雌を探すため
高さ1~2mの低いところを
ピカピカと1秒間隔で強く点滅発光をし
活発に飛び回ります。
とっても幻想的は光景です。

♪じんじん じんじん 酒屋ぬみじくゎてぃ 
 うてぃりよー じんじん さがりよー じんじん♪


訳 ホタル(じんじん) ホタル 酒屋の水を喰って
   落ちろよ ホタル 下がれよ ホタル


赤土の流出って
よく耳にしますが
沖縄でなぜ赤土が流出するのか
お話を聞かせてもらい
納得してしまいました。

昔の沖縄では
自給自足的に芋と米を栽培していた。
サトウキビの高値で買い取ってもらえるとわかり
サトウキビを栽培する農家ふが増えた。
そこに減反政策などが絡まり
農地改革があいまって
赤土を入れて
田んぼが畑に変わっていった。
簡単に言えばそんなところかな。
米食べないかんねんなって
思わされました。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

FC2カウンター

コメント三拝云!(エントリー別)

データ取得中...

右サイドメニュー

店主の紹介

tidanada4082

Author:tidanada4082
沖縄好きのビーチャー
(酔っ払い)
夫婦、奥さんの”ティダ”と
わたくし”ナダ”2人で
旅行の思い出・泡盛など
沖縄・宮古・やいまネタの
自己満足ブログです。
共同売店ですが
物品の販売は
一切いたしておりません。
ご了承ください。

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近書きました

石垣島経済新聞

Amazon検索

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。