ティダナダ共同売店

夫婦二人で島酒・島唄・島の方との出会いを求めて 南の島を旅します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月19日(土) えっ?竹富に新しく民宿できた?

竹富観光センターの水牛車営業所は移転したから
裏を通らなくなって静かになっていると
仲盛荘でアツコさんに聞いた。

移転先は知ってるけど
じゃぁどのルート通ってるんだろう?
と思っていたら水牛車と遭遇した。

P1010138.jpg

えっ?
こんなところに民宿あった?
聞いたことない名前やん!
CIMG0216.jpg
P1010139.jpg

にかい屋・・・・・
新しいんやろか?
建物は古そうやけど・・・・
この宿(?)はアイノタ(東集落)にある。

2階建てやから「にかい屋」かと思っていたら
どうやら違うらしい。
この民宿は映画の撮影に使われたものだと発覚。
その映画とは映画「うつぐみの色」


映画の撮影に民宿のシーンが必要となり
スタッフが世話になった方のお家を民宿に見立てて撮影された名残らしい。
この架空の民宿名は
持ち主の屋号「ニカイヤ」に由来する。
竹富島の伝統的建造物保存物件のうち
木造2階建てはこのお家だけ。

戦後新築時の
棟梁は当主がご自身で施工し
旅館を営んでいた時期がある。

映画は20分。
一般公開の予定はないが
島内では種取祭が終わり島が落ち着いた頃に
上映会を開くかれるそうだ。
ニカイヤでの宴会シーンは見物らしい。
でも内地では上映予定はないとか・・・・

(photo by tida nada & written by nada)
スポンサーサイト

Comment

 

そうそう、ココ見ました。
自分も不思議に思ってたんですよ~。
西桟橋の手前(あさひの横)にも民宿建設中でしたね。
  • posted by NonoPapa 
  • URL 
  • 2008.07/30 11:52分 
  • [Edit]

 

NonoPapaさん
ガーデンあさひの隣は竹の子さん。
施工主のお名前が竹の子店内の色紙の宛名と一緒やった。
宿泊代はヴィラ竹富を基準に設定されるらしいですね。
これって民宿なのか?
以前西桟橋でお会いした方が
東桟橋から集落に入る左手に泊まりの宿建設中ですね。
  • posted by tidanada 
  • URL 
  • 2008.07/30 12:48分 
  • [Edit]

映画「うつぐみの色」 

初めまして。映画「うつぐみの色」の検索をしていて、ここにたどり着きました。
まさしく、この「にかいや」はその時の撮影ですね。
監督:田野聖子 主演:松本加奈子
とても気持ちのいい撮影現場でした。
今年、2010年のショートショートフィルムフェスティバルに入賞し、6月から上映されます。
竹富島旅行中に遭遇なさったこの映画の残し物はここで観ることができます。

楽しみにしててください。
  • posted by 竹富某 
  • URL 
  • 2010.04/25 14:10分 
  • [Edit]

Re: 映画「うつぐみの色」 

竹富某さん

コメントありがとうございます。
映画のことは聞いて知っていましたが
まだ観たことなくって。
今年も映画のロケが
竹富島であったそうですね。
沖縄にばっかり行ってて
八重山は年に1度になっています。
7月の八重山が楽しみです。
また遊びに来てください\(^_^=^_^)/ ヨロシク♪
  • posted by tidanada4082 
  • URL 
  • 2010.04/25 19:18分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

FC2カウンター

コメント三拝云!(エントリー別)

データ取得中...

右サイドメニュー

店主の紹介

tidanada4082

Author:tidanada4082
沖縄好きのビーチャー
(酔っ払い)
夫婦、奥さんの”ティダ”と
わたくし”ナダ”2人で
旅行の思い出・泡盛など
沖縄・宮古・やいまネタの
自己満足ブログです。
共同売店ですが
物品の販売は
一切いたしておりません。
ご了承ください。

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近書きました

石垣島経済新聞

Amazon検索

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。