ティダナダ共同売店

夫婦二人で島酒・島唄・島の方との出会いを求めて 南の島を旅します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春を迎えに竹富へ 離島の闇は止めらんない!!

夕食を終えて食堂で島酒を飲む。
この日の仲盛宿泊客はtidanadaを除き
一人旅の方ばかり。
しかも・・・その6名のうち5名が波照間を経て竹富へ。
(実は翌日仲盛に入られた女性も波照間経由)

気がつけば4人でゆんたくスペース。
CIMG0167.jpg

左から長崎出身大阪府在住のIさん
    (来年の仲盛新年会の参加が
早くもきまりました\(^-^)/)
    福岡のAさん
    tidaとnada


闇の案内人pappyさんから仕込まれた

深夜徘徊のクセが出てしまう(◎_◎;)

4人で向かったのは
前日が新月であり
この日の天候も雨のち曇り。
一瞬眺められた星空も姿を隠した真っ暗な中
なごみの塔→西桟橋。

CIMG0169.jpg
CIMG0173.jpg


離島の闇は止められないヘ(^0^)ヘ

(photo by tida & written by nada)




スポンサーサイト

Comment

私も徘徊癖が・・・ 

帰ってきてしまったんですね。
さぞかし辛かったことでしょう?

今年はずーっと天気が悪いようです。
私も、深夜に桟橋やコンドイに行って★を
寝そべってみるのが好きです。
時折、夜釣りをしている人や同じように
徘徊している人たちに出くわしてギョッと
することもありますが。

波照間は宿泊施設もかなり増えたので、
宿泊者が多くなりましたよね。
こちらにもちょくちょく遊びに来ますし、
ファンサイトにもまた書き込みよろしくお願い
します。

あらま・・♪ 

こちらにも仲盛荘ファンサイトの管理人さんが徘徊?されてるようで。。 o(^o^)o

tidanadaさん、短い滞在にもかかわらず、
充実したヤイマ時間をすごされたようですね。ウラヤマスイ!

この白いテーブル、後ろのブランコ、懐かしーい!

ところでアノォ、、、最近、私のことを本気で<闇の案内人>って思っている人が居るようなので、なんとかこのニックネーム?を明るく替えていただければ幸いカナ~ぁと・・・ 笑 (*^_^*)

久々に、波照間にも行きたくなってきましたワ!

 

@管理人さん
新年会でお会いしましたね。
ちょうどテーブルの向かえに座っておりました。
お越しいただけるとは・・・
これからもゆたしくです。

pappyさん
おっしゃるとおり”闇の案内人”は・・・
ここにお越しになる方って
ごく僅かなので影響はないかと
思っていたのですが。

  • posted by tidanada 
  • URL 
  • 2008.03/15 13:23分 
  • [Edit]

竹富島の夜 

じつは同じ夜に、屋内組もなごみの塔に行ってたのでした。

てっぺんで黙っていると、しずかに思えた周りからじわじわと虫や鳥や動物の声がきこえてきて意外ににぎやかなんですね。
  • posted by "k"です 
  • URL 
  • 2008.03/17 23:27分 
  • [Edit]

 

"K"さん
竹富ではどうも!
夜の島っていいですよね。
一昨年前のアイヤルへの道は
月夜に照らされて。
でも道の両脇には蛍が。
今年の西桟橋は新月の翌日。
星空もきれいだし。
普段耳にできない音や鳴き声を
耳にできる。
わくわくしますよね。
  • posted by tidanada 
  • URL 
  • 2008.03/18 20:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

FC2カウンター

コメント三拝云!(エントリー別)

データ取得中...

右サイドメニュー

店主の紹介

tidanada4082

Author:tidanada4082
沖縄好きのビーチャー
(酔っ払い)
夫婦、奥さんの”ティダ”と
わたくし”ナダ”2人で
旅行の思い出・泡盛など
沖縄・宮古・やいまネタの
自己満足ブログです。
共同売店ですが
物品の販売は
一切いたしておりません。
ご了承ください。

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近書きました

石垣島経済新聞

Amazon検索

ブログ検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。